ニューバランス1400

ニューバランス1400は履き心地 抜群!ワタシ的な他の人気モデルとの履き心地の違い

更新日:

ニューバランスM1400の履き心地は、個人的にすべてのニューバランスのスニーカーの中でも個人的には一番といっても過言ではないほど好きです。ということでニューバランスM1400の履き心地がどのようにいいのか熱く紹介してみます。あくまで個人的に履き心地がよいと思っているだけなので完全に鵜呑みにしないでください(笑)

ニューバランス1400の履き心地の良さのポイント

ニューバランス M1400 ベロ

ニューバランスM1400は、あのスニーカーのロールスロイスとまで評されたM1300の後継です。履き心地が悪い訳ありません。はっきりいってM1300を少しずつ洗練したようようなデザインで大きくは変化していないでしょう。M1400の次のモデルのM1500ではデザインも一新し、新しい機能が盛り込まれ履き心地はだいぶ変わっています。それはそれで良い方向への進化だと思いますが、M1300の履き心地を色濃く引き継ぎつつアップデートしているのがM1400だと思います。

ニューバランス1400は当時のフラッグシップモデル!履き心地がいいのも当然?!

ニューバランス1400は、1000番台のモデルでニューバランスの最上位、フラッグシップとされるモデルです。極端にいうと900番台のモデルや500番台のモデルのいいとこ取りをしたようなモデルなのではないでしょうか。900番台はロードランニングモデルとされているため、横幅の狭いラストで舗装路での走行性能を高めるためのフィット感を高めた味付けで、500番台はややゆとりのあるラストで未舗装路で走りやすく進化したシューズです。

その両モデルの特化した部分をマイルドにし、上質な素材を使い気持ちの良い履き心地重視に仕立て上げられたのがM1400というモデルなのではないでしょうか。(個人的な意見です。当時の競技用と考えると中途半端なステイタスシューズという存在だったかもしれないですが、当時もランナー以外からも愛されていたということから、どれだけ良い靴だったのかということがわかります)



何故さらに進化したM1500ではなくM1400の履き心地がいいのか?

M1500というモデルは、M1400からかなり大きな進化をとげ、たしかに走行性能やシューズの性能はあがっていると思います。ニューバランスお得意の足入れ感の良さ、包まれ感の高い袋縫いという靴の構造も受け継がれています。ただ、ソールユニットの立体化などの進化によりM1300やM1400と比べ、やや履き心地にサポート感がですぎたというか、ゴツさが増してしまった感じましす。(ここは完全に好みで分かれる部分ですので、しっかりした履き心地の方がいいと感じるかたは、M1500のほうが履き心地が良いと思うのではないでしょうか。誤解されないように補足して置きますがM1500だって全然履き心地はいいと自分でも思います)

要はM1300の良さを継承し、洗練されつつも適度な緩さを残した絶妙な履き心地なのがM1400なのだと思うのです。

ニューバランス1400の履き心地の良さ:まとめ

今回はM1400の履き心地の良さについての持論を語ってみました。上にも書きましたが履き心地の良し悪しは個人的な部分も大きいので皆さんに当てはまるわけではありません。M1400を購入したくて履き心地が知りたいという方に言っておきたいのは、このニューバランスM1400の履き心地の良さはハイテクスニーカーのフィット感や走行性能、反発弾性などではなく、クラシックスニーカーならではの優しい包まれ感や適度な緩さを残したラグジュアリー感などだと思います。

M1400を履いたことがない方、履いてみると適度な緩さの心地よさが味わえるかも知れませんよ(^^)


-スポンサーリンク-
-スポンサーリンク-

リンク広告ユニット

アマゾン PC

-ニューバランス1400
-,

Copyright© ニューバランス フリーク , 2018 All Rights Reserved.