そのほかシューズ全般 ファッションやその他

キーン ジャスパーを徹底解剖! ジャスパーの履き心地やサイズ感をレビュー!気になる雨の日の防水性は?

更新日:

キーンのジャスパーはやみつきになる

皆さんはキーンというブランドのジャスパーというスニーカーをご存知でしょうか?この記事をご覧になっている時点で多分、何かしら情報を知っていて調べているのだと思いますが、

実際にキーンのジャスパーというスニーカーを履きまくっている私の意見としては履き心地がよく可愛くておしゃれで・・・とにかくとってもいいです!迷ってるぐらいなら、一度履いてみることをおすすめします。

とにかく足を優しく包み込まれる感じとフワフワのクッションが病みつきになるかもしれませんよ!?アウトドアから街履きから旅行まで万能でガシガシ使えますし。

ということでキーンのジャスパーについて一体何がいいのか?履き心地はどうなのか?サイズ感はどうなのか?ということについて詳しく紹介してみます。

目次

キーン とはどんなブランド?

公式サイトから引用すると

KEENはデザインについて、シンプルな疑問を持ったことから始まりました。 “サンダルはつま先を守ることができるのだろうか?”その答えはYES、 答えは創業モデルNewportでした。

サンダルにおけるこの革新は、KEENが重視する哲学である“ハイブリッド イノベーション”や私達が行うことのすべてに新しい可能性を生み出そうと努めることにインスピレーションを与えています。つまり、私達の商品に新しいアイデアを見つけ、導入しようと後押しするものであり、私達の行うすべての選択について、勇気を奮い立たせるものです。

私達は約束します。たとえ会社が大きくなっても、日常で必要とされている“プロダクトでの解決策”を探し続けることを。 人々のHybridLifeの為に、そして人々が楽しむ場所への負荷を軽減する為にシューズをデザインすることを。

というブランドなのだそうです。公式サイトは英語のサイトをそのまま日本語に直訳したのか変な文章ですので簡単に紹介してみると、キーンは2003年にアメリカで創業されたフットウェアブランドです。創設者ローリー・ファーストは、サンダルはつま先を守ることができるのだろうか?という問いから、ニューポートというモデルを誕生させました。その後、長男のローリー・ファースト Jrが現在もブランドを進化させ続けています。

2013年にはユニークという独特の構造を持つサンダルを誕生させ、2015年より日本でも本格的にユニークの販売を開始しています。陸と水・快適性と性能・ファッションなど、様々な要素を融合させた新しい商品を開発し続けています。と、だいぶ内容を省きましたが、こんな感じのアウトドアブランドに近いような、フットウェアブランドです。

知らなかった人は、まだ知らない人にウンチクを語りましょう(笑)

キーンの関連記事

キーン ジャスパーのコーデの一例

このようにキーン ジャスパーはおしゃれさんもにコーデに取り入れる事が多い人気のスニーカーです。ジャスパーは独特のフォルムとデザイン、カラーが特徴的です。特にカラーリングは素敵すぎておんなじモデルの色違いが大量に欲しくなります。

シーズンごとの新色も出ますので、お気に入りに巡り合ったら即購入せねば数カ月後には入手不能になります(笑)

KEEN(キーン)さん(@keen_japan)がシェアした投稿 -

KEEN(キーン)さん(@keen_japan)がシェアした投稿 -

/p>

キーン ジャスパーとは?キーン ジャスパーの特徴(メンズ)

ジャスパーは、キーンらしいクライミングシューズとコンフォートシューズのハイブリッド、アウトドアスニーカーです。メーカーがスポーツなど多様なシーンで活躍しますといっているように、とにかく横方向や斜め方向などいろいろな動きへ対応しやすいの万能感がすごいシューズです。ということで、各パーツの作りを見ていきましょう。

※キーン ジャスパーには紐が2種類ついてます!

ジャスパーの販売をしているページで同じモデルなのに靴紐が違うという写真を見かけることがあるでしょう。それは靴紐が2種類(2色分)ついていて好みの色の靴紐を選べるからです。もっと違う色の靴紐を探している場合はアマゾンなんかでも丸紐のアウトドアシューズにあう靴紐はたくさん販売されているので靴紐交換でさらに個性を出すのも良いかも知れませんね。

ちなみにキーンの公式サイトでは靴紐のバリエーションがなぜか黒しかないようなのであえて紹介はしません(笑)

キーン ジャスパーのつま先

ジャスパーのつま先部分には、アウトソールが回り込んでいます。これによってクライミングなどでもつま先でグリップできますし、普段使いでつま先をぶつけてスニーカーが傷だらけになったり、穴があいたりする心配する必要もありません。つま先をぶつけてもなかなかの防御力でしょう。(本格的なクライミングなどで使用するようなモデルではないので無茶はしないでください!)

つま先が丈夫なので靴を履くときにつま先をとんとんやっても平気です。また、靴紐を通す部分がつま先まで来ているため、靴紐の締め具合でかなり細かくフィット感を調整できます。このあたりは、普通のスニーカーでは中々味わうことのできない新感覚です。



キーン ジャスパー履き口 部分

ジャスパーの履き口は肉厚で柔らかく、踵をしっかりとホールドします。そして、つま先まで続くシューレースとあいまって抜群のフィット感が体感できます。ちなみに、フィット感が高い代償か、ハードに使う方が多いせいか、かかと部分の内側がよく破れるそうです。僕はそういった情報もうけてなるべく靴べらなんかを使うようにして踵の内側がすれないようにしています。(本当は靴紐を毎回解いたほうがいいのでしょうけど)

もう破れちゃった人や、破れそうな人は自分で補修・修正するという術が無いというわけでもありません。詳しくはコチラをどうぞ!▶スニーカーのかかとの内側が破れる原因と修理 補修の実例(自分でできる修理 補修 補強)

ニューバランスのスニーカーのかかとの内側の破れを自分で補修した時に書いた記事です。もちろん、ジャスパーにだって応用できます。

キーン ジャスパー ヒール部分

ジャスパーのヒール部分にはアウトソールと一体化したパーツが回り込んでいます。これがあれば踵をついて靴をはいても平気です。また、アウトソールのパーツと一体化しているため、踵のホールド感や安定感もバッチリです。車の運転なども踵が安定しやすくてすごく快適です!

靴のかかと部分がボロボロに傷む心配もありませんし、とにかく快適なんです!(車の長距離運転だけでも履きたいかも)

キーン ジャスパーのアウトソール


ジャスパーのアウトソールは意外にも溝が深くないパターンです。普段使いに十分なグリップはありますが、本格的な登山などになると、足首などが保護されていないローカットモデルということもあり、おすすめはきません。ただし、そういった本格的使用以外のハイキングやウォーキング、河原や海でのアウトドアなどにはもってこいです。

キーン ジャスパーのインソールは?

ジャスパーのインソールは一見何の変哲もありませんが、横から見たり実際に履いてみると特徴がよくわかります。

キーン ジャスパーのインソールを裏から見てみる

最初にインソールを取り外して見たときに木のクズみたいなものがいっぱいくっついてるなーと思いましたが、インソールの素材にウッドチップのようなものを使用しているようです。吸湿性の良さやクッション性の高さから使用しているのでしょう。

実際、次の写真を見てもらうとわかりますが、このインソールは足の前の指の部分以外がすごく肉厚でクッション性が高いです。

実際に歩いた時に足の裏に感じるフカフカした極上の感触はこのインソールの力も大きいのでしょう。

キーン ジャスパーのインソールを横から見てみる

横から見るとかかと部分のクッションが肉厚で足の指の部分がペラペラなのがわかります。

これによってかかとの衝撃や体重がかかる部分は柔らかく支えられて、足の指の力を込めて地面を掴む部分はかなりダイレクトに地面からの感触が伝わってきます。

この履き心地は独特で慣れないうちは疲れるかもしれません。ただ足の指が地面を掴む感覚はやみつきになれば、この靴から離れられなくなりそうです。

一昔前に裸足感覚の薄ぞこソールのスニーカーなども流行りましたが、キーンのこの感覚は裸足感覚に近い感覚なのにクッション性が抜群という不思議なものです。

ジャスパーを何種類も色違いで買ったり、ジャスパーだけ何足も履きつぶしている人もいっぱいいますが、気持ちが凄くよくわかります!



キーン ジャスパー レディースの参考動画

ユー・チューブでもジャスパーを紹介している動画がありましたので参考に。個人的にはジャスパーを穿いている女子というだけで、ちょっと気に入ってしまいそうです。

キーン ジャスパーのサイズ感とサイズ選び、履き心地について

まずは、サイズ感・サイズ選びからいってみます。私の感じではサイズ感は横幅にゆとりがあり、縦方向に小さいと感じます。普段ニューバランスを履くことが多いですが、比べてみると同じサイズでも明らかに縦方向には短い(個体差があるかもしれませんので一概には断言できませんが)です。同じサイズのニューバランスとジャスパーを履き比べるとニューバランスは、つま先があまっても、ジャスパーは余りません。同じサイズを並べてみても明らかにジャスパーの方が縦方向に短いです。

ただし、横方向には幅が広く(極端にいうとビルケンシュトックのような)それが、靴の中で足をしっかり踏ん張らせてくれるような気持ちよさにつながっているのでしょう。とにかく、各レビューを見てもらってもわかりますが小さめ(私はニューバランスのスニーカーを履くことが多いので、比べるとキーンの方が縦方向が一回り~ハーフサイズ小さく感じます)ですので普段とジャストサイズで買うと後悔するかもしれません。なるべく実際に試履きをしてみるかサイズ交換可能なところを選ぶのが無難です。

履き心地については何度も言っていますが靴の中で指が地面を踏みしめられる感覚が気持ちいいです。かかと部分はフカフカで足の指の部分はしっかりと足の指が自由になる新感覚がやみつきになりますよ。当サイトで紹介しているようなニューバランスなどのスニーカーは、基本的にランニングシューズなので、街中で普通に歩く、走るという点ではジャスパーより快適ですが、その他のオフロードでの横方向や斜め方向などの動きやすさや、ほとんどの路面なら対応してくれそうな万能性はジャスパーが圧勝といってもいいです。

そもそもキーン ジャスパーの履き心地の良さは、ニューバランスとは全く別方向の良さだと思いますので、ジャスパーを買って履き心地悪いなとはならず、新しい履き心地の良さを体感できると思います。

キーンジャスパーについて別記事も書きましたので参考にどうぞ!▶キーン ジャスパーを履き込んで感じた良いところと悪いところはコレ!

それでは、いくつかのモデルやカラーバリエーションを紹介してみます。

KEEN(キーン)さん(@keen_japan)がシェアした投稿 -

KEEN(キーン)さん(@keen_japan)がシェアした投稿 -

キーン ジャスパーの人気色

まずは、ジャスパーの人気カラーをいくつか紹介してみます。ジャスパーはデザインや履き心地がいいのも特徴ですが、そのカラーリングも人気の秘密だと思います。
何度もいいますが、この履き心地が気に入ればたくさんのカラーを揃えたくなるはずです!

キーン ジャスパー シルバーミンク

シルバーミンクは、モデル名ではなく色ですが私のモデルはこのカラーです。ジャスパーはカラーリングがカッコイイんです。各モデル靴紐は二種類ついていて、このモデルにも赤黒の靴紐とシルバーミンクカラーの靴紐がついていました。靴紐が見える面積が大きいだけに靴紐の色が違うと全く別の靴のようにも見えます。1足で2度楽しめます(笑)

靴の色こそ地味ですが、ワンポイントの赤い靴紐で一気におしゃれ靴になっているから、不思議です。もう一本のベージュ系だったかな!?の靴紐に変えると、一気に落ち着きがでて、上品な感じになるから不思議です。

キーン ジャスパー  レギオンブルー

上のモデルと同じで色違いなんですが、ジャスパーはとにかくカラーが豊富です。リンク先へジャンプしてもらえればわかりますが、カラーリング選びだけでも楽しめます(^^) なんとも言えないいい感じの青(レギオンブルー)と赤となかなか派手な配色ですが、不思議とおしゃれです。おしゃれすぎです!

キーン ジャスパー 黒(ブラック)

あらゆるスニーカーで人気カラーの黒ですが、やはりキーンのジャスパーでも黒は人気です。黒のスニーカーなんですがパープルのシューレースが映えて、なんとも落ち着きと品のある配色になってますね。やっぱり配色いいですね~。

黒と言ってもシーズンごとのモデルで部分的に黒の色が変更になったもしているので、シーズンごとのカラーで気に入ったものがあれば、手に入れてないと次のシーズンではその配色はなくなる可能性が高いので気に入った場合はとっとと買いましょう(笑)

キーン ジャスパー グレー

グレーもスニーカーの人気色なんですが、キーン ジャスパーのグレーはどうやら定番カラーとしては設定されてはいないようでシーズンによって、グレーのモデルがあったりなかったりという感じです。やっぱり気に入ったら即買いがいいかもです。やっぱりカッコいい配色!

 

キーンの人気モデル

今回ノーマルのジャスパーをメインで紹介していますが、キーンといえばまだまだたくさん人気モデルがあります。

キーン ジャスパー ロックス

通常のジャスパーよりソールも硬く、よりアウトドア的に機能的になっています。ソールもより硬くなったことから通常のジャスパーより、ハードな路面にも耐えうることができるでしょう。ノーマルのジャスパーを卒業したら次はこれなのか!?実際これもすごい売れてますね。レビューと口コミの星の数もすごく高評価です!

キーンジャスパー ロックスを購入するときに凄く気をつけてほしいことがあります。それはジャスパー ロックスのサイズ感です。レビューに関しては、ほとんどネガティブな意見はないんですが、やっぱりサイズが小さいです。はっきりいって今までで経験したことがないぐらい縦方向のサイズが小さかったです。普段25.5~26のスニーカーを履いている私が初めて27.5かな?と思うぐらいです。正直、サイズ間違えてない!?っていうぐらいに小さいです。

アマゾンのレビューをみても皆さん同じような感想ですので、どうぞサイズをよーく考えて購入してください。できればサイズ交換してくれるところがいいですね。

キーンと言えばもちろんサンダルも人気!とにかく履き心地がよく独創的なデザインの物が多いです。私も過去、履きつぶすまで履いたキーンのサンダルがありましたがとてもお気に入りでした。現在はサンダルも凄いバリエーションがあり、そのレビューの多さから人気っぷりがキーンのサンダル人気が見て取れます。

 

キーンのサンダル

キーン ジャスパーは雨にも強い!?ジャスパーの防水性は?雨でも滑らない?

キーン ジャスパーは雨にも強いモデルなのか?防水性能が気になるところですが、別に防水素材をアッパーに使用しているわけではないので、土砂降りでもへっちゃらです!とはいきませんが、普通のスニーカーなどと比べればとても優れていると言えます。

厚いゴム底のソールはある程度の水溜りや泥でも簡単に浸水することはありません。普通のスニーカーとキーンのジャスパーを雨の日にどちらを履くかということで迷うのならば、私ならジャスパーを選ぶ事が多いでしょう、というか雨の日もよくジャスパーを履いてます。

とにかくタフなシーンにも耐えられるように作られているのか雨でも簡単には浸水しないというところには信頼を置いています。ただ、ジャスパーはデザイン上つま先近くまで靴紐が伸びているのでそこを越えてくるような大雨の時はさすがに完全に水の侵入を防ぐのは無理だろうなとは思います。

まあ、そのレベルの大雨になったら、ジャスパーじゃなくても浸水すると思うので、かなり本格的な登山靴やハイカットのレインシューズなんかじゃないとどのみち浸水を防ぐのはムリでしょう。

これ以上の防水性を求めるのならレインブーツとか本格的な登山靴とか履いたほうがいいんじゃないかと思います。

雨の日に滑るのか?というのも気になるところかもしれませんが、雨の日のグリップ力に関しては意外とあります。私は雨のでも木にせずに履いてますが、何だこれ滑るなぁとか特別感じたことはありません。そりゃあ、雨の日のマンホールの蓋やツルツルの大理石の上とかなら滑らないとは言えませんが、だいたいそんなところは何はいてもだいたい滑ります(笑)

それに雨の日に履いてもジャスパーならアウトドアが似合う靴なので仮に泥にまみれてもそれはそれでカッコよくて素敵です(笑)

まあ、私は防水スプレーも吹いてるから、さらに安心して雨でも履いてるんですが・・。

ジャスパーにも防水スプレーを吹いておくとさらに安心できますので興味があれば下記の記事もどうぞ!

防水の関連記事

キーン ジャスパーの洗い方は?

キーンのジャスパーの洗い方は、基本的にスエードのスニーカーと同じと考えていればいいです。綺麗な状態を保ちたければ、スニーカークリーナーで洗って、革(スエード)に栄養を与えるようにしましょう。私は実際に、スエードのスニーカーを洗ったり、いろいろクリーニングしてますけど、やっぱり綺麗になると気持ちいいですよ(*^^*)

ただ、この靴の場合、ガシガシ履き込んで、泥だらけの方が格好いい!と思うような人もいるかも知れませんね!

スニーカーのお手入れ関連記事

キーン ジャスパーは登山やトレイルにも使える?

キーンのジャスパーは登山やトレイルにも使えるのか?というと答えは微妙ですが、大体の場合では(緩い登山なら)私は登山でも使えると思います。

もちろん足首まで保護されているわけではないため、足場の悪い岩山を歩くような本格的な登山という意味では登山やトレイルに向いていますとは言えませんが、足場がゴツゴツの岩じゃなかったり、歩きやすい初級の登山やトレイルなら、本格的な登山靴を持っていない場合はジャスパーで十分足りると思います。少なくとも私が言ってみようかなぁと思えるぐらいの初級者用の登山ならジャスパーでもいいんじゃないかと思っています。(そりゃあ、登山靴のほうが良いんでしょうけど)

靴底が厚くて保護されているのと(本格的な登山靴はもっとガッチリ足首まで保護されているので、本気の登山はもちろん登山靴を選びましょう)足を包む革もわりと丈夫なので、普通のスニーカーを履いて登山するのに比べれば断然安心感はあります。

簡単な登山やトレイル、ハイキングという使用方法ならある意味、本格的な登山靴より軽快に動くことができ機動性も上だと思います。

グリップ力だって、本格的な登山などで岩場が続いたりするような路面状況が相当に厳しい悪路じゃなければ十分なグリップ力があると思います。

キーン ジャスパーのかかとの内側が破れたら!?修理の方法は?

ジャスパーというスニーカーは、アウトドアではいたりハイキングやトレッキングで履いたりという事が多いシューズです。ということでかかとの内側のメッシュ生地が破れやすいといった事を耳にすることも多いです。

正直言って、かかとの内側が破れるのはジャスパーがハードな環境で履かれたり、酷使される事が多いからだと思いますが、一応、自分で靴のかかとの内側を修理・補修を簡単にできる商品も紹介しておきます。下に紹介しているすり切れ防衛隊という商品です。かかとのあてるパッチなんですが、なかなか便利です。

これをつかってニューバランスのかかとの内側の破れを修理している記事も別記事で書いてますのでよろしければ参考にしてみてください。⇒

▶スニーカーのかかとの内側が破れる原因と修理 補修の実例(自分でできる修理 補修 補強)

 

キーン ジャスパーは夏のレジャーや夏フェスにも最高!

KEEN(キーン)さん(@keen_japan)がシェアした投稿 -

KEEN(キーン)さん(@keen_japan)がシェアした投稿 -

耐久性が高く、オシャレで軽量、履き心地も抜群とういことから、夏フェスや小旅行、軽いトレイルやハイキングなどにも最適で実際にこれで旅に出ている人も多いです。というか夏フェスや夏のレジャーの大定番とも言えるんじゃないでしょうか。

私もドライブにいった先など屋外の不整地を歩く時なんかもこれが快適だと思います。ニューバランスのスニーカーも私はよく履いてますが、ニューバランスのスニーカーでは、あそこには行きたくないな・・・。と思うところもジャスパーなら全然いけますし、むしろ行きたくなります。

このサイトでメインに紹介しているニューバランスはやっぱりいいですが、丈夫さや地面をしっかりとつかめるような感覚から、オフロードやトレイルなどの荒れた路面はやっぱりジャスパーですね。

普通のスニーカーなら、草むらとか泥だらけの道とかに入るのは躊躇しますがジャスパーならむしろ喜んで悪路を通りたいぐらいです(笑)

履き心地の良いスニーカーというつながりで、ニューバランス以外にもビルケンシュトックのスニーカーやメレルのジャングルモックのレビュー記事もありますのでよろしければどうぞ!

スニーカーの履き心地の関連記事

パンツで言えばこのサイトでも紹介している超人気クライミングパンツのグラミチとも当然ながら相性抜群です。

グラミチの関連記事

キーン ジャスパーの口コミや評価

ジャスパーは、大ヒットモデルで、ものすごく口コミでも評価の高いスニーカーです。やっぱり口コミを見ていると履き心地の良さと、靴紐の色との組合せからおしゃれに見える、街履きとしても履きやすいとか良い評価が圧倒的に多いです。それと口コミで気にしておきたいところはないのかというと、やっぱりジャスパーはサイズが小さめで1センチ大きめを買ったという人もすごく多いです。

このアマゾンのカスタマレビューとかを見ればだいたい詳しいことはわかると思いますので、購入する時は参考にするといいと思いますよ!

キーン ジャスパーを徹底解剖! ジャスパーの履き心地やサイズ感をレビュー!:まとめ

ニューバランスのスニーカーを語るサイトなのにキーンのジャスパーについて長々と語りましたが、このキーンのジャスパーもすごくいいスニーカーです。

ジャスパーを履いたら脱ぎたくなくなります!野道や未舗装路に突入したくなります!ハイキングに行きたくなります!色違いでいっぱい欲しくなります!とにかく魅力にあふれたスニーカーだと思います!

お値段も多くのニューバランスに比べるとお手頃なのでぜひ一度、ジャスパーの良さを体験してみてはいかがでしょうか(^^) 色々なフィールドで活躍してくれること間違いなしですよ!私も色違いで収集したいですね。

こんな素敵なスニーカー、興味を持ったのに一度も履いてみないなんて絶対損だと思います(笑)


記事下PCレスポンシブ


スポンサード

リンク広告ユニット

関連コンテンツ

アマゾン PC

-そのほかシューズ全般, ファッションやその他
-

Copyright© ニューバランス フリーク , 2019 All Rights Reserved.