スニーカーのお手入れ

スニーカーのソールのかかと修理・補修を自分で!シューグーSの使い方とコツ

更新日:

シューグー

スニーカー(靴)のソールのかかとってすぐに削れますよね。そしてアウトソールが無くなってミッドソールにダメージが及んで、再起不能・・・。というのが、スニーカー(靴)を激しくはいた場合の寿命という感じです。(あんまり履かなくても来る寿命はソールが自然に崩壊する加水分解というところかな)

ならばソールのかかと部分がすり減ってミッドソールにダメージを与える前にソールの補修材 シューグーを使ってかかとを修理・補修すれば、ほとんど最初の履き心地を損なうことなく、長く愛用のスニーカー(靴)を履き続けることができますよね。

安くても数千円~の費用がかかる専門店に修理に出さなくても、シューグーの存在と使い方さえ知っていれば、それなりのクオリティと履き心地のソール修理・補修がDIYで、しかも数分の1という費用でできてしまうんだからこれは超お得です。やらない手はないですよね!

ということでスニーカー好きには超便利なアイテム、シューグーについてレビュー、使い方やコツについて紹介してみます。

サイトの人
スニーカーのソール交換?まだまだ早い!自分で修理しよう!

目次

シューグーとは?靴のソール修理・補修材(かかとに限らず)です!

シューグーとは簡単にいうと塗って硬化させる靴のソールの修理・補修材ですね。基本的にゴム系のアウトソールなら、スニーカーでも革靴でもブーツでもなんだって補修できると思います。

現在、靴のソール修理でもっとも使われているのがシューグーシリーズといっても過言ではないでしょう。

シューグーの種類と紹介 用途によって使い分けよう

さて、困ったことに靴のソール修理・補修にはシューグーがおすすめとはいいましたが、シューグーにはいろいろな種類があります。ということでシューグーの各種類の用途について簡単に紹介してみます。自分の用途にあったものを選ぶようにしましょう。まずは、簡単に各製品の特徴をまとめた表をご覧ください。

シューグーの特徴
引用:シューグー公式サイト

各種シューグーの用途と違い

先程の表を見ていただけるとひと目で分かるとは思いますが、各シューグーはまるで使う用途が違います。それではひとつずつ紹介してみましょう。

シューグー 透明(スポーツグー)

存在が目立たない透明に近いタイプのシューグーがスポーツグーです。色が目立たないこともあり、靴の他にもアウトドア系の道具の滑り止めやホビーなどをメインに使われることも多く接着効果も期待できます。内容量は100gで硬化に要する時間は、厚さに変わりますが12時間~24時間を要します。

いろいろな用途に使い勝手がいいためか、ものすごく売れています。しかも評価も抜群にいいです。

シューグー 自然色 (ナチュラル)

こちらが、一番一般的なソールの補修で使われるシューグーです。多くの人のシューグーのイメージはこれだとおもいます。色は自然色です。輪ゴムみたいな色でクラシックなスニーカーのガムソールやブーツなどのソールの修理によくつかわれます。

基本的な性能でいえばこのあと登場してくる黒や白と変わりません。容量は100gで硬化までの時間は先程のスポーツグーと同じで厚さにより変わってきますが12時間~24時間です。

シューグー 黒

先程のシューグーの色違いで、黒いソールの靴や暗い色のソールの補修によく使われるカラーです。一番使われる事が多いシューグーかも知れません。黒という性質上、革靴やブーツ、スニーカーなどあらゆる靴で使用される事多いでしょう。容量は100gで硬化までの時間は上記のシューグーと同じで厚さにより変わってきますが12時間~24時間です。

シューグー 白

こちらも先程の自然色、黒と同じタイプで靴のソール補修用の白のシューグーです。白のソールといえば、アディダスのスタンスミスやコンバース、ナイキ、ニューバランスなどフラットソール、そのほかクラシックシューズやスケーターシューズなどのスニーカーに使われることが多いのではないでしょうか。

容量は100gで硬化までの時間は上記のシューグーと同じで厚さにより変わりますが12時間~24時間です。

シューグーS(黒のみ)

シューグーS スピードです。これは見た目こそ、先に紹介したシューグーとにていますが、素材が多少違い性能も違います。まずカラーがブラックしかありません。そして、上記のシューグーのように接着剤的な使い方はできません。ですが大きなメリットとしてドライヤーや熱湯で温めれば約5分で硬化するという特徴があります。

いいことばかりで価格も安いような気もしますが、容量が30gなので、実はむしろ割高です。硬化までの時間は上記のシューグーとは全く違い、先に書いた方法で熱を加えることにより約5分で完了してしまいます。色が黒でとにかく修理を早く仕上げたいという方はこれ一択かもしれません。

今回この記事の後半にシューグーSのレビューを載せていますので、ぜひ参考にしてみてください。

シューグーDF

シューグーDFはソールの補修材といっても他と用途が違い、主な用途はソールやパーツの剥がれの防止です。「なんかソールとアッパー素材の間に隙間があいているような気がするなあ」というときなどに隙間を埋めてくっつけるような用途で使用すれば、未然に本格的なソール剥がれを防ぐことができます。(転ばぬ先の杖みたいなやつですね。)そんなに厚く塗るようなものでもないからか、硬化までの時間は12時間で、容量は50g入です。

シューグー アロンアルファ

先程のシューグーDFと用途が、かぶっているんじゃないか?と思うかも知れませんが、シューグー アロンアルファはゼリー状で、シューグー版のソールを接着するのに特化した瞬間接着剤でしています。乾燥時間が5分と圧倒的に早く緊急時にも使えます。容量は4gなので安くはないですね。シューグーのシリーズの中では新商品です。



シューグーの使い方・塗り方!

まずは一般的なシューグーの塗り方、使い方です。といっても使い方は簡単でシューグーSとも対して変わりません。大きく気をつけて違うことは普通のシューグーは硬化に時間がかかることです。厚さによって硬化まで12時間から24時間乾くまでに時間がかかります。じっくりソール修理の作業をやりたい人にはいいでしょう。

カラーバリエーションも先程の自然色・黒・白の3色から選べ靴のソール修理が目的の場合は一番使われることが多いのがこのシューグーです。

この通常のシューグーの使い方と塗り方は下で紹介する動画にもありますが、ソールをキレイにする⇒表面にシューグーを接着させやすいようにヤスリをかけてザラザラのデコボコにする⇒補修する分のかかとにクリファイルなどで型を作って、シューグーを塗り乾燥を待つ⇒12時間から24時間後、乾いたらはみ出した部分のシューグーをハサミやカッターで整えて終わり!といった感じです。

普通に使う分には全然難しくありません。(この後動画と、実際の私のレビューがありますので読み進めてみてください)

シューグーとシューグーSの違いと注意点

シューグーとシューグーSとの使用用途の違いは実はあんまりなく、素材と乾燥時間の違いが大きな違いです。通常のシューグーは完全に乾ききるまで12~24時間はかかりますが、シューグーSはお湯やドライヤーで乾かせば約5分程度で乾いて硬化してしまいます。

シューグーSは容量が少なく、通常のシューグーと容量で考えると割高かもしれないので、じっくり考えてどちらのシューグーにするか選びましょう。下の動画は通常のシューグーとシューグーSの動画になりますが、プロの技はウマくて参考になりますので、これから自分でシューグーを使ったソールの修理を考えている方はぜひ動画は見ておいてください。

動画が終わったら私がシューグーSを使ってスニーカーの修理・補修をした時の様子を紹介しています。どうぞ皆さんのお役に立ててください。

シューグーの参考動画:使い方とコツ

シューグーSの参考動画:シューグーSの使い方



シューグーSでニューバランスのソールのかかとを修理・補修してみました!

今回、ニューバランスのスニーカーのかかと修理剤に使うシューグーS スピードです。熱で温めると硬化が約5分で完了する、色が黒しかなく容量の割にはお値段高めというのも特徴です。とりあえず、私は早くソール修理の結果がみたかったので今回はシューグーSを使用することにしました。

シューグーSで修理するために準備しておいたほうがいいもの

裏面に書いてますが、一応あったほうがいいもの(準備するもの)も挙げていおきます。私はここを読んでいなかったのでソールの修理作業をやりながら、あれがないコレがないとなることがいろいろでてきました。ということで、準備しておいた方がいいものをあげておきます。

まずはドライヤーです。これは手元においておいたほうがイイような気がします。

私は洗面所にドライヤーを使いにいって、洗面所で乾燥作業をした結果、洗面所をシューグーまみれにして汚してしまいこびりついたシューグーを落とすのが大変でした。

次に新聞紙や布など敷くものも必要です。これは最初に靴を置こうとしてすぐに気が付きました。そういえば、汚れた靴を置くところがないと・・・。床に置いて作業するにもシューグーがつくと後々落とすのが大変なので、必ず下に敷くものは用意してその上で作業しましょう。

型取りプレートは、私の場合はシューグーSのパッケージの透明部分を使いました。その時に気が付きましたが、型取りプレートをカットするハサミとそれをスニーカーに固定するセロハンテープも必要でした・・・・。

ゴム手袋は、なくてもいいですが使い捨てにできるようなものがあったほうがいいです。シューグーが手につくと落とすのに苦労します。

カッターまたはハサミも、最後にソールのシューグーで守った部分を整形するのに使いました。なかなか一発で思い通りの厚さ、形には仕上がらないので最後にカッターやハサミを使って形を整えるこ途になる人が多いでしょう。

これらの道具が必要だと裏面に書いているのに私は気づかず作業をはじめたので結構苦労しました。

皆さんは最初から準備して作業を始めるようにしましょう(笑)

シューグーSの中身!入っているのこれだけ!?

こちらはシューグーSの中に最初から入っていて準備しなくてもいいものです。といってもシューグーSとヤスリの棒、アイスの棒のようなヘラしか入っていません。

最初はこれだけでいいんだと思ってましたが、作業を進めていくうちに前述したようなものが必要だったとその都度探してました。効率が悪かったです。

それでは私がシューグーSを使ってソールを修理した様子を見ていきましょう。

今回ソールのかかと部分を修理・補修するニューバランス 574

今回修正するニューバランス574のソールです。妻のものですが変な歩き方のため、左足の外側がやたらと減っています。

アウトソールのゴムが無くなりそうなぐらい減っています。今回はここを重点的に補修したいと思います。

ソールが汚いのでまずはクリーニング!

まずは、ジェイソンマークのワイプで簡単に汚れを拭き取りました。このワイプ、スニーカー好きなら持ってれば何かと便利です。

関連記事も書いてますので、興味がある方はこちらもどうぞ▼

スニーカーのレザーやゴム ソールの汚れをジェイソンマークのクイックワイプスで簡単クリーニング!

持ってない人は、潔く洗面所やお風呂場でソールをゴシゴシ洗ってきましょう。

ジェイソンマークのワイプで擦っただけでこれだけキレイにできました。

下段がジェイソンマークのワイプで擦ったものです。横からみてもこの通り、ソールだけキレイになりました(笑)

問題の左側のアウトサイドのかかとのアウトソールですが黒い部分が今にも無くなりそうです。

次はソールにヤスリをかける

付属のやすりを今回シューグーSを盛るところにかけていきます。これでザラザラにしておくことによりシューグーSの接着力がより強力なります。

クリアファイルなどでソールの形を作る

クリアファイル(今回はパッケージから切り出したもの)でソールの型取りプレートを作ります。ブーツや革靴などフラットなソールのものはきっちりと減ったソール分を測ってその分シューグーを盛れるように型取りプレートを当てたほうがきれいにできるんでしょうけど、今回のニューバランス574のアウトソールのかかとは最初から反っているのでシューグーSを盛りながら、なんとなくで調整することにしました。

フラットなソールなら上のような感じがいいでしょう。

ソールにシューグーSを塗る

次にシューグーSを塗っていきます。私は結構適当にだして伸ばしていきました。仮に多少多く塗りすぎてもどうせ歩いていれば一番に削れて来る部分です・・・。

ソールにシューグーSを塗り伸ばして整える

ここでもシューグーSを適当に塗り伸ばします。あくまで見た目でやりました。盛り過ぎてもどうせ削れるし、気になるくらい盛り過ぎたら後でハサミやカッターで削ればいいです。

ソール(シューグーSを塗った部分)をドライヤーやヒートガンで80℃以上に温める(両方で約10分)

ソールにシューグーSを塗ったあと温める方法は熱湯につけるか、ドライヤーやヒートガンで温めるかですが、私は面倒だったのでドライヤーの熱で乾かす方法を選びました。ドライヤーの熱風を当てているとみるみる色が変わっていくので、シューグーSがどんどん乾いていくのがわかります。乾いた時にはもう硬化してますので作業はすぐに終わります。

シューグーSが乾燥したら、クリアファイル(型取りプレート)を外す

クリアファイル(型取りプレート)を外したら案外生乾きのところがあるので、そこもドライヤーをあてて乾かします。

シューグーがはみ出した部分をハサミやカッター、ニッパーなどで整えて完成

完全に乾かして硬化させ、ハサミやニッパー、カッターなどで形を整えれば完成です。上の画像を見てもらえるとわかりますが、上段がシューグーSでソールに肉盛りする前、下段が肉盛りした後です。これで、ソールの寿命がだいぶ伸びたはずです(*^^*)見た目的にも十分満足です。

ソールを裏からみるとこんな感じです。シューグーSで肉盛りした部分は光沢を帯びていて違いが激しくわかりますが、履いていれば肉盛りした部分も擦れて馴染むことでしょう。どちらにしてソールのかかとなんて本人以外、誰も気にしていません。

と、ここまでで完了です。わずか千円ちょっとで自分でソールの削れがなおせるのだからコスパがいいですよね。次回からは要領がわかったのでもっとキレイにすばやく作業ができそうです。

今回シューグーSで修理してみてわかったコツなど

今回気づいたことやコツなどを書いておきます。まずは事前準備をしっかりやることです。先程挙げた道具が最初に準備できていれば、効率よく作業が進みます。

次は型取りプレートはしっかり固定すること。私は手についたシューグーSを洗面所に洗いに行って帰ってきたら、型取りプレートのテープが外れていました。

型取りプレートなしでも後で修正ができるのですが大変でした。後で修正するより、最初から型取りプレートどおりなるべくキレイにソールを作った方があとあと楽です。

ゴム手袋はあったほうがいい・・・。シューグーSが手につくとなかなか落とすのに苦労します。手についたら洗面所で触ったものにもヌメッとシューグーの黒がついてしまいます。

とにかく洗い流すのが大変なので最初から、ドライヤーなどを先に持ってきていて新聞紙などすてることのできる敷物の上だけで完結できるほうがいいです。

(いろんなところにシューグーがつくと落とすのが大変!)

コツというか私の失敗したなぁと思ったところですが、皆さんは作業する際、くれぐれも気をつけるようにしてください。



シューグー 透明でスニーカーのソール減りを防止できる?スポーツグーの小技

シューグーの透明 スポーツグーは直接ソールを作る他のシューグーとは違うんですが、こまめにスポーツグーをソールに薄く(特にかかとを守れる程度に薄く)塗っておけば、ソールのすり減りが防げます。古くなったソールについているスポーツグーは剥がそうと思えば簡単に剥がすことが簡単です。

ただ、スポーツグーは透明色なので汚れるとガムを踏んだようになるのが残念なところです。

でもこの小技、結構やってる人もいるみたいです。私はその都度シューグーかシューグーSで補修したいですが。

ついでに紹介!ソール保護に使える!ソールシールド

他にもソールの保護ができるソールシールドなるものを見つけたので紹介しておきます。

ソールに予めフィルムを貼り付けておけばソールが削れなくていいよという商品ですね。

貴重なスニーカーや高価なスニーカーを履いている人に使われるようなマニアックなアイテムです。

まあ、私はそのまま履いてアウトソールが減ったらその都度シューグーで補修すると思うので使わないとは思いますが。

ソールをオリジナルの状態から全く減らしたくない、でも外で履きたいという人にはいいアイテムかも知れませんね。

スニーカーのソール修理・補修を自分でやる!シューグーの使い方とコツ:まとめ

さて、長いこと説明してきましたが、はっきりいって、最初にソールの修理方法、シューグーの使い方さえ覚えてしまえば、シューグーはかなり便利に使えるアイテムだと思います。

何より何度でも補修できて費用も安く、自分でソールを修理することにより、より自分のスニーカー(靴)に愛着がわきます。

皆さんもシューグーでのソールの修正をしてみてはいかがでしょうか?(*^^*)

やり方さえわかれば、意外とお安く簡単にできますよ!

以上お付き合いくださりありがとうございました。


-スポンサーリンク-
-スポンサーリンク-

リンク広告ユニット

関連コンテンツ

アマゾン PC

-スニーカーのお手入れ
-,

Copyright© ニューバランス フリーク , 2019 All Rights Reserved.