ニューバランス1300

ニューバランスM1300とM1400の違いを比較!あなたはどっち?

更新日:

ニューバランス 1300と1400

ニューバランスのM1300とM1400は2つともニューバランスのスニーカーの中でも名作中の名作の大定番モデルだと思います。ただ、この二つのモデルですが詳しい人からみれば一目瞭然なのですがそうでない人からすると一件同じようにも見えます。具体的にどういったところが違うのか比較しながら紹介してみようと思います。

 

ニューバランスM1300とM1400の違い

ニューバランスM1300とM1400は、どちらもフラッグシップモデルとされる1000番台のモデルです。ただ、番号からわかるように、発売時期が異なるため、両者は似たような全く違うモデルでもあります。それでは具体的に違いをあげて見ましょう。

ニューバランスM1300を横から見てみる

まずはニューバランスM1300からですが、よーく目に焼き付けて下さい。下で掲載しているM1400と比べるとレトロ感にあふれています。たとえば、トゥ部分の形状ですがM1300はスエード素材部分の形状が複雑でメッシュ部分の面積が多いです。シュータンも薄く処理が古臭いです。

ソールユニットのデザインも見るからに無骨で硬質感が感じられ、ある意味男らしいデザインです。

サイトの人
この古めかしさ、ビンテージのようなデザインが男子にはたまらんのです▲

ニューバランスM1400を横から見てみる

次にニューバランスM1400ですが、M1300に比べてデザインがかなり洗練されていることがわかります。たとえば、トゥ部分の形状はM1300に比べてよりシンプルに丸っこくしたデザインになっています。シュータンも厚みのあるものに変わり質感も向上しています。ソールユニットのデザインも見るからに近代的になり、現在のウォーキングシューズやランニングシューズに近い(レース用モデルや本格的なモデルとは違いますが)デザインになり親近感がかなり上がっています。(他のオールスエードモデルとかだと、またライナー素材が違ったりもする・・・)

サイトの人
やっぱり、質感とかをみてもM1400は進化してます

ニューバランスM1300とM1400の横からみた時の違い

M1300とM1400を横から比較してた時の違いで変わったな~というところは、言ってみれば全てなんですが、全体的に丸っこくなりデザインが近代的に進化しています。

ニューバランスM1300・M1400をインソールを外して上から比較

M1300とM1400を上から比較してみるとまず形状の違いがわかると思いますが、上の2つのモデルは同サイズなんですがM1400が横幅が広くボリューミーで、M1300が横幅が狭くスマートに見えます。インソールも全然違ったデザインになっています。高級ラインである2つのモデルとしては両方共なんとも寂しいインソールですが、特にロゴすら入ってないM1300にはちょっとビックリです。足の前半部分には滑り止めのためか、インソールの表面に凹凸が刻まれています。ニューバランスの他のモデルのインソールもいろいろ見てきましたがこのタイプは、今まで見た中ではM1300だけでした。

最初このインソールを見た時は、このM1300は偽物なのかなと思い調べてみましたが、M1300の中でもこういった凸凹のついているものやついていないものなどがあるようです。なかなかさみしいインソールなので、インソールがくたびれてきて交換を考える事になったら、違うインソールを使用してみるのもいいかも知れません。

もとのインソールがしょぼいだけに、ニューバランスRCP150というニューバランス純正のインソールに変えただけでも、足裏のアーチのサポート感などに違いを感じられます。(好みの問題ではあるのですが)

インソールの関連記事

ニューバランスM1300とM1400の上からインソールを外して比較した時の違い

上から両モデルを比較してわかるのは、明らかにM1300の方がM1400よりスマートなシルエットだということです。単純にM1400の方がライナー素材などが肉厚になり横幅がましたように見えるということもあると思いますが、見た目に可愛いのはM1400で男らしくてかっこよく見えるのはM1300じゃないでしょうか。

ニューバランスM1300とM1400を後ろから比較


次に後ろからみてみます。一見似ていますが、やはりシルエットの太さが違うように見えます。左側のM1300のほうが細く見えます。そしてM1400の方が肉厚で豪華使用になっています。ライナー素材もそうですが、特にシュータンなんかはM1300はペラペラですが、M1400は極厚のフカフカです。一方ソールのボリュームはM1300の方が大きく見え主張が激しいです。

ニューバランスM1300とM1400の履き口を拡大して比較

両モデルの履き口を拡大してみると、M1300のパーツの薄さ、M1400の厚さがよくわかります。シルエットもM1300はヒール部分がすぼまっているように見えますね。(ずっと履いていると広がってくるとは思いますが)たいしてM1400は最初から履き口も広い感じがします。

ニューバランスM1300とM1400のアウトソールのパターンを比較

次にアウトソールのパターンを比較してみます。あんまり気にするほどではないかもしれませんが、M1300は似たようなパターンが並んでいます。一方、M1400は部分的にパターンが変わっていて現代風に洗練され進化しています。まあ、履いてみたときに違いがわかるほどは変わらないとは思います。



最後に正面からニューバランスM1300とM1400を比較

ニューバランス 1300と1400

正面から比較してみるとみるからに今風なのはM1400でM1300は古臭さが否めません。M1300はスマート、M1400はポテッとといった感じです。ここまで読んでもらえると、M1400一択で、M1300は選ぶ必要ないんじゃない?と思うかも知れませんが、そうとも言い切れません。

正直言って、M1300の後継がM1400なんだから履き心地なども含めて比べるまでもなく、あらゆるところがM1400の方が優れているのは明らかです。そしてM1400は洗練されていておしゃれです。男性でも女性でも問題なくいけます。

一方、M1300は選ぶとしたらこのレトロ感じゃないでしょうか。M1400にはないこの古めかしさが男性のアメカジ好きやビンテージ好きには特にたまらないんじゃないでしょうか。

M1400のファンも、もちろん多いですが、ニューバランスのコアなファンやマニアックなファンが多いのはむしろM1300の方だと思います。その証拠に数年に一度復刻されるM1300JPなどのモデルはすごく高額にもかかわらず、毎回即完売、プレミア価格がつく名作中の名作です。まあ、この両モデル、両カラーとも定番中の定番で大人気モデルなのは確かなんですが。今回紹介したのは下の2つのモデルです。

M1400の履き心地については別記事もありますので良かったら読んでみて下さい。

M1400の関連記事

ニューバランスM1300 M1400 バリエーション

さて、ニューバランスのM1300とM1400を紹介してみましたが、カラーや素材の違いでさまざまなバリエーションがありますので紹介してみます。

サイトの人
多分どのモデルでもそうそう後悔はしないと思えるぐらい いいですけど、それなりに高い買い物ですからね~。

ニューバランス M1300 ホワイト

かっこいいカラーリングながらあまり履いていることを見かけないのがM1300のホワイトです。というか、実店舗でも販売しているところは少ないようです。ホワイトのニューバランスで人とは違う物が欲しいかたにおすすめです。

ニューバランスM1400 ネイビー

ニューバランスM1400のネイビーはグレーとならび定番中の定番です。ファッション誌でよく見かけることもあるのではないでしょうか。男性でも女性でも間違いのない一足です。

M1400のネイビーの関連記事

ニューバランスM1400 グレー

ニューバランスのグレーといえば、ネイビーと並びニューバランスの象徴ともいえる大人気カラーです。下のカラーはオールスエードで高級感溢れる一足です。こちらも持っていて間違いのない一足ですね。他にもグレーは数種類ありますので興味がある方は下の記事も参考にして下さい。

M1400のグレーの関連記事

ニューバランスM1400 グリーン

こちらも人気カラーですがグレーやネイビーと比べると履いている人が少ないような気がするのがニューバランスM1400のグリーンです。オールスエードモデルで高級感のある一足です。

ニューバランスM1400 ベージュ

ニューバランスM1400 ベージュは優しいカラーで女子人気の高い一足です。男性からの人気度はそうでもないかも。個人的にはとてもいいカラーだと思います。

ニューバランス1300と1400の違い:まとめ

さて、いろいろと書いてみましたが、選び方のポイントとしてはオシャレで使い勝手がよく、オールマイティなのがM1400で、履き心地はM1400に一歩譲っても見た目の男らしさ、レトロ感ならM1300といった感じでしょうか。選択するときに普段着ているファッションにかなり影響されそうですね。あなたはどちらを選びますか?(^^)


-スポンサーリンク-
-スポンサーリンク-

リンク広告ユニット

関連コンテンツ

アマゾン PC

-ニューバランス1300
-, ,

Copyright© ニューバランス フリーク , 2019 All Rights Reserved.