ニューバランス1300

ニューバランスm1300 クラシックがかっこいい!ニューバランス1300 復刻版 クラシックの魅力とは!?

更新日:

ニューバランスの1000番台といえばニューバランスのスニーカーのフラッグシップに当たるモデルです。そして今回紹介するm1300 クラシックはm1400とともにこだわりのスニーカーとして度々ファッション誌に登場してくる人気モデルです。今回はそんなニューバランスm1300 クラシックについて紹介してみます。

(個人的には履き心地の良さとなんとも言えない男臭いm1300 クラシック 復刻のヴィンテージ感がたまらないです 以降m1300で表記します)

ニューバランスm1300ってどんなモデル?人気の秘密は?

簡単にいうとニューバランスm1300は、ニューバランスのスニーカーのフラッグシップのモデルということで、当時の最先端の機能を盛り込まれて作られたモデルです。そしてヘリテージモデルとして今なお熱烈なファンを抱えるモデルでもあります。

このニューバランスm1300(m1300)ですが発売当時(1985年)には、なんと日本円で3,9000円というスニーカーとは思えぬほどの高額で販売されていました。しかしそんな高価な靴にも関わらず、は着心地の良さから多くの著名人から愛されるモデルとなりました。

その多数の有名人の中でも今でも一番良くみかける言葉がラルフ・ローレン氏の「まるで雲の上を歩いているようだ。」という表現です。この表現が度々使われることによりニューバランスの地位がますます向上していったとも言われています。確かに当時のラルフローレン氏にそんなことを言われてしまうとファッション業界の人ならば、どんなものか履いてみたくなりますよね。

もちろん現在でも多くの著名人に愛されています。

m1300は手縫いと品質に拘る!?メイドイン USA

さすがにニューバランスのフラッグシップとされる1000番台のモデルです。生産国はこだわりのメイドインUSAです。他のシリーズでもそうですが、大人気モデルとはいえニューバランスの誇りやこだわりのつまったモデルはUSAかUKで生産されています。ということで、メイドインUSAじゃなければ、本物のm1300ではなく偽物ということになります。

ニューバランスm1300はロードモデルの木型(ラスト)だけど900番台よりは太め!?


ニューバランスm1300は木型(ラスト)からすると574などのオフロードモデルではなく、996などのオンロードモデルと一緒です。だけど、よく見るとシルエットもなんとなく丸みを帯びていて、オフロードモデルとオンロードモデルの中間のようにも見えます。

個人的な解釈ですが、オンロードモデルに、オフロードモデルよりの快適性をプラスしたためにそのようなシルエットになったのだと思っています。

ニューバランスm1300ソールパターンは舗装路用?悪路用?

上の写真を見てもらえればわかるように、ニューバランスm1300のソールパターンは、574よりの溝が深いパターンに近くオフロードで走ることも考えられているように見えます。それでいて、574などに比べて接地面積は、多いようにもみえます。やはりソールパターンもオフロード用のグリップとオンロード用の足運びの快適性の両方を考慮したパターンのようにも思えます。実際に、歩いていいる分には対して気になるものではありませんが。

ニューバランスm1300は1400よりもレトロ感溢れるモデル。

例えば、Nマークの横のメッシュ部分ですが1400にはありません。剛性より通気性や軽量化を考慮したのかこのようなデザインになってます。ここも更に進化の進んだ比べて、当時の快適性の追求なのか軽量化の追求なのかストイックさを感じられて個人的には好きなポイントです。

より豪華になったニューバランスm1400に比べて、m1300はレトロ感とストイックなスポーツテイストが強い

ニューバランス996などと比べると履き心地重視のコンフォート性能にふったようにも見えますが、先程ふれたメッシュ部分や、シンプルなシュータンなどがレトロなスポーツテイストを感じさせます。個人的には1400より、m1300を選ぶ理由はこのレトロスポーツ、クラシックスポーツ感じゃないかと思います。

あまり姿を変えていない995と、大人気モデルとしてたくさんの色バリや派生モデルをだしている996の関係と似たような関係のようにも思えます。

 



 

ニューバランスm1300は超人気のプレミアモデルm1300JP
(オリジナルのm1300を忠実に復刻した)が存在する

ニューバランスm1300には、5年に一回復刻するという超プレミアモデルm1300JPが存在します。そのモデルを紹介してみます。

(アメトーク!の中でもm1300話はでてきました。一人履いているのがわかりますか?)

ニューバランスm1300JP

m1300JPの詳細を楽天でみる⇒

なぜこのm1300JPが人気なのでしょうか?理由は私が推測するにラルフローレンが人気に火をつけたm1300のオリジナルのモデルを現在に忠実に復刻し販売しているからではないでしょうか。996や574、576などのファッションアイテムとして大人気のモデルは毎シーズンのように本当に微細なマイナーチェンジを繰り返しつつ現在へと継承されています。

同じような流れでm1300もほんの僅かなマイナーチェンジと進化を繰り返しつつ現在へと続いています。ただし、m1300JPは当時のままの姿で、まさにオリジナルを復刻したものを5年をごとに発売しています。

この当時のままのレトロ感や美配色、五年に一度少数しか生産しないという手に入らないという入手の困難さがさらにm1300JPにプレミア価格をつけ争奪戦を盛り上げています。オリジナルのm1300の販売価格が当時3万9000円という衝撃の高価格だったのに、現在では、さらに高沸し5~6万円以上で取引されることも珍しくありません。

2万~3万するニューバランスのスニーカーをたくさんもっている私ですがこのm1300JPは所有していません。正直写真を載せているm1300で満足しています。ただ、5万以上をスニーカーにポンと出せるわたし以上のニューバランスマニアやスニーカーマニアはたくさんいるということですね。私もm1300JPを手にする日がくるのでしょうか・・・。

 

ニューバランスm1300 グレー (m1300cl s)

 

上の画像は私も所有しているニューバランスm1300のグレー(正確にはm1300CL s)です。m1300JPと何が違うの?と言われると細かいところばかりですがわかりやすいところではヒール部分や、シュータンに貼っているm1300の表記、スティールブルーの色味なども違います。後は、ソールユニットの色味や、シュータンのパッチ?の表記、レザー部分はm1300JPはヌバックでm1300CLはスゥエードというところも違います。実際に比べてみるとメッシュ部分の色味も違います。

まあ、両者をよくみると全然違うということですね。

私もニューバランスマニアな方ですが、さすがにこちらが発売当時のオリジナルに近いと言えどこのような違いに倍以上の金額を出す勇気は今のところありません。(次の発売時にお金持ちになってたらM1300JPが欲しいと思うかもしれないですけど(笑))

m1300JPはまさに本物のスニーカーフリーク、ニューバランスフリークもしくはスニーカーに5万円以上だいしても良いお金持ちの方にしかおすすめできません。一応お知らせしておくと次のm1300JPは2020年です。オリンピックより期間があくなんて価格も高沸するわけです。欲しい方は2020年まで覚えておきましょうね(笑)

ニューバランスm1300 ホワイト

もちろん、m1300には他にもいろいろな配色があります。長くなりましたので、ここでは紹介しませんが調べたい方は、当サイトに設置しているアマゾンの検索まどでも簡単に調べることができますので探して見るのも良いかも知れませんね。

ニューバランスMm1300の履き心地は?ニューバランスのソールについて

まるで雲の上を歩いているようだという、ラルフローレン氏の言葉にあるように、さすがにニューバランスのフラッグシップモデルがずらりと揃う1000番台のは着心地は素晴らしいです。ミッドソールに搭載されるエンキャップはというと公式ページでは

ENCAP(エンキャップ)は衝撃吸収性に優れたEVA素材を頑丈なPU素材に封入した構造でハイレベルの安定性とクッション性を実現している

とされています。

エンキャップの他にも現在のニューバランスのスニーカーにはいろいろなテクノロジーが搭載されていますが、ラルフローレン氏が絶賛した当時の履き心地を体感して見たい人には良いのではないでしょうか。実際私も履き心地が良いと思ってます。

ニューバランスm1300はこんな人におすすめ

ニューバランスm1300は、とても高価なモデルですがちょっとレトロで男っぽい独特の雰囲気が魅力です。迷うとすれば1400にすべきか、m1300にすべきかなどでしょうか。パッと見似たような靴ですがよく見ると2つのモデルは全然違いますので、よりクラシックな男らしいデザインを求めるならm1300、コンフォート性能がさらに進化してより現代的なフォルムに近づいたのが1400なのでデザインで選べば良いのではないでしょうか。(細かい部分をあげるとm1300より後発の1400の方が優れているのは当たり前ですよね)

Mm1300がおすすめな人

1.長く履ける拘りのスニーカーがほしい。
2.m1300より1400のフォルム、デザインが好き。
3.歴史的なウンチクも好き。
4.人とかぶりたくない人。

といったところです。ニューバランスm1300は、1400より男らしくストイックさを感じさせる部分が残っているせいか、ものにこだわりのある男性が履いている場合が多いと思います。私もニューバランスの定番の形のシューズの中ではデザイン的には一番好きな形です。(正直、m1300jpを手に入れて飾っておきたいぐらいです(笑))

ニューバランスの地位を向上させたともいえる歴史をもつm1300ですが、こだわりのあるあなたはm1300で旧き時代の良さと、それを所有して履くという満足感を手に入れてみませんか?

ちなみに、m1400と比べても全然履いている人の数も少ないし、こだわってる感や所有している満足感ならこっちのほうが上だと思います(笑)

皆さんも男のロマンというやつを感じてみましょう(^o^)


-スポンサーリンク-
-スポンサーリンク-

リンク広告ユニット

アマゾン PC

-ニューバランス1300
-,

Copyright© ニューバランス フリーク , 2018 All Rights Reserved.