ニューバランス574

ニューバランス574をの特徴と魅力を徹底解剖!定番モデルMRL574・WL574(クラシック)とは?

更新日:

ニューバランス574をの魅力を徹底解剖!定番モデル574の特徴

ニューバランスの574 クラシックは、ニューバランス996と並ぶニューバランスの代表的なモデルで、同様に最も見かけることが多いスニーカーではないでしょうか。多分、ニューバランスのスニーカーに詳しくない人がニューバランスのスニーカーってどんなのか知ってる?と聞かれた時に頭の中で思い描くのデザインは多分996や574でしょう。そんな574の特徴や魅力についてご紹介してみます。

 

まずは、574の公式動画をどうぞ!

ニューバランス574 クラシックの魅力と特徴!

ニューバランス574のネイビー全体

ニューバランス574が大ヒットし、今や定番となっているのには様々な理由がありますので一つずつあげてみます。

ニューバランス574 クラシックはお洒落!だけどリーズナブル!

ニューバランス574のベロの裏

ニューバランス574は他のニューバランスのスニーカーと同じようなシルエットですが、お求め安い価格設定がされている場合が多くリーズナブルです。
理由は、いろいろとありますが、まずリーズナブルなML574で言えば生産国がUSAやUKではなかったりすることで、製造コストが抑えらています。

また他の理由には素材などもあるでしょう。ソールの作りや、レザーやメッシュ部分の素材使いにしてもやはり高価な素材が使われることは少ないです。(もちろん、ニューバランスの他の上位モデルと比べるとという意味で普通に考えれば十分に上質です)

それでいて、ニューバランス996や1300、1400などと近いシルエットなのリーズナブルでお洒落なスニーカーです。

 

ニューバランス574など500番台はもともとオフロードモデル!?

ニューバランス574は900番台のモデルと違いオフロード(未舗装の道)を走ることなども想定されて作られたモデルM576の廉価版として誕生したモデルです。

その特徴を挙げてみます。

ニューバランス574は悪路を走るのにも有効なソールパターン!

ニューバランス574のソール

ニューバランス574のアウトソールのパターンは、上の写真を見てもらえばわかるように、溝の深いパターンです。

900番台の996などと比べ、舗装された地面に立つと設置面積が少なく、安定性はロードランニング用のモデルのソールと比べると劣ります。

ただし、未舗装路ならば、深い溝がしっかり地面をつかみ、グリップしてくれるので900番代に比べると当然歩きやすく、走りやすくなります。

見た目的な意味でもこのごついソールが可愛く見えたりもします。街でごついアウトドアブーツを履いてると逆にオシャレに見えたりするのと似たような感じかも知れません。

ニューバランス574はシルエットが太めでゴツいけど丸っこくて可愛い!

ニューバランス574のネイビーを横から見る

ニューバランス574は上位モデルの576にも通じるものですが、やっぱりぽてっとしてボリューミーで可愛いです。

オフロードモデルとして産まれたため横幅が広めの丸みを帯びたスマートとはいえないややごっつい作りですが今となっては、それがお洒落に見えていますね。

シンプルで必要十分な機能を備え、それでいてお洒落で価格も控えめだから574はなるべくして定番となったのでしょう。

他には、996などのロードモデルと比べると横幅が広めのため、こちらの方が日本人の足にマッチしやすいということもあるでしょう。

また、このぽってりとしたシルエットのジーンズにしろチノパンにしろ、短パンにしろとにかく合わせやすいです。

ニューバランス574は素材やクオリティが他のモデルに劣る!?

ニューバランス574のヒール

ニューバランス574には上位版に576が存在したり、光沢のあるナイロンメッシュを使っていることもあるためチープな印象があるかもしれません。確かに贅沢な素材をふんだんに使う576などと比べてしまうとそうでしょう。ただし、576なんかと比べるからそう思えるだけで履き心地にしろ、素材感にしろ必要十分で、むしろ履き心地も素材感もいいです。

もちろん、靴のシルエット・フォルムは576とも大差ありませんので価格差を考えれば十分満足のいくレベルで、初心者のニューバランス入門には特に574はオススメできるモデルです。

スニーカーとしてのクオリティが劣るのか?と聞かれるとそんなことはありません。上の写真の574の生産国もベトナムです。写真を見ても分かるとおりアジア生産のニューバランスも十分なクオリティを備えていて、ものによっては、USA産やUK産よりも仕上がりが良かったなんてこともあるのではないでしょうか。



ニューバランス574はネイビー、グレー、ブラックが人気!

ニューバランス574以外でも定番カラーは似たようなものですがいくつか定番のカラーを紹介しておきます。

ニューバランス574 ネイビー

[ニューバランス] new balance メンズスニーカー ML574 クラシックスニーカー レトロランニング VFO VLG WCH WTR VN VG VN(ネイビー) 24.0cm

この商品の詳細をアマゾンでみる⇒

今回紹介している574のネイビーです。スエードとメッシュのコンビですがまさに必要十分でお洒落です。ネイビーは男性でも女性でも大人気のカラーです。上で紹介用に使っている写真は私物のABCマート限定モデルになります。ショップ限定モデルも見逃せませんね。

ニューバランス574 グレー

[ニューバランス] スニーカー NB ML574 VGGRAY(VG) 26.5 D

この商品の詳細をアマゾンでみる⇒

やっぱり、グレーは定番中の定番で574でも当然のように大人気です。迷ったらグレー!?

ニューバランスW574というレディースモデル

(ニューバランス) new balance スニーカー レディース 女性用 W574 SKW Black 23.5cm [並行輸入品]

大人気574には通常モデルのレディースサイズもありますが、足の細い女子向けのW574というモデルもあります。自分の足型を考えて選びましょう。

この商品の詳細をアマゾンでみる⇒

574を楽天市場で探すならコチラのショップが品揃え良し!▼

ニューバランス574は別注がたくさん発売されるのも魅力!

セレクトショップの別注モデルなんかは人気商品、定番商品であることの証明のようなものでもありますが、やはり大人気モデルであるMRL574 WL574には、よく別注モデルが存在しています。特にユナイテッドアローズやアーバンリサーチあたりの別注モデルはよく見かけますね。

人とは違う574が欲しい人には別注モデルは大いにおすすめできますよ!

ニューバランス574と576の簡単な違い!

ちょこちょこと書いてますが、ニューバランスには576という高価なモデルのラインナップがあります。この576ですが、シルエットは574とほとんど同じでソールや各種パーツに贅沢な素材が使われていたりとちょっとずつ違いがあります。その違いについても紹介しておきます。

ニューバランス574の生産国はアジア、576はUK。

ニューバランス574がアジア生産ということは書きましたが576はUkです。その為、ベロにユニオンフラッグが載せてあったり、made in Englandと刺繍が施されていることがあります。(これが差し色になってかっこよく見えたりも・・・)

一方574はというと当然、生産国はでかでかと書いていることはありません。ベロの裏にひっそりと書かれています。

だからといってパッと見は576とたいして変わりません。(違いが分かる人にはすぐわかりますが)

ニューバランス574は素材が安っぽいのか!?

当たり前ですが576や1000~などと比べると確かに見た目はシンプルで安っぽくもみえます。そもそも販売価格も二倍~それ以上ですので素材や上質感が違うのは当たり前です。ただ、574が他社メーカーのスニーカーに比べてチープに見えるのかというとそんなことはありません。価格もニューバランスとしてはリーズナブルですが、それなりのお値段ですので十分上質でしょう。576と同じように、574もファッション誌の定番ですので、当然十分な質感がキープされています。スニーカーとしては十分良いものだと思います。

ニューバランス574の履き心地は?ニューバランス574と576のソールの違い

ニューバランス574のクッションはエンキャップ

ものすごく簡単にいうと、ニューバランス574はENCAPというソールユニットを搭載しています。ENCAPとは、

ENCAP(エンキャップ)は衝撃吸収性に優れたEVA素材を頑丈なPU素材に封入した構造でハイレベルの安定性とクッション性を実現している

とされています。

一方、ニューバランスM576はENCAPに加えC-CAP(シーキャップ)というソールユニットが搭載されています。C-CAPとは公式ページによると、

EVA素材を圧縮成型しクッション性能の持続力を大幅に向上し、軽量化を実現したもの

だそうです。

公式HPには明記されていませんがもちろん、クッション性や履き心地に関しては高価なC-CAPに軍配があがるようですが別に574の履き心地が悪いということにはなりません。何度もいいますが、価格を考えれば十分な履き心地と実用性と言えるでしょう。ラスト(木型)もロードモデルである900番台などとは違ってもともと広めのものを採用しているので足の横幅が欧米人より広い人の多い日本人なら996より、574のほうがきつくなくて快適と感じる人もいるはずです。

ニューバランス574が2018年1月にアップグレード

追加記事ですが、ニューバランス574が1月にアップグレードされました。ニューバランスのアイコニックモデルとされているデザインというだけあり574のデザインはそのままに、シューズの構造やラストにまで微調整が入り、さらにはミッドソールやインソールの素材や硬度までも変更されるという大規模なものです。

これでより、574が魅力的なモデルとなりましたね(^^)さらに公式ページではニューバランス Classic 574 を購入してレシートを撮影し、応募すると574の非売品のスペシャル・エディションの574が70名様に抽選で当たるというキャンペーンをやっています。世界限定574足ということですが当たるのはたった70名です。運の悪い私は当選する気がしませんが、皆さん運試しにいかがでしょうか(^^)?

ニューバランス574がおすすめなのはこんな人

ちなみに私がニューバランス574をお勧めしたいのはこんな人です。

574がおすすめな人

1.ニューバランスのスニーカーのあの定番の形が好き!
2.ぽってりした、ボリューミーな靴が好きな人。
3.リーズナブルでお洒落な靴が欲しい。
4.スニーカーがたくさんほしい。

1は、そのとおりですが、ニューバランス574はニューバランスのスニーカーでも1、2を争うほど売れている大定番モデルです。とりあえずいろいろなファッションに合わせやすく持っていて後悔することもほとんどないでしょう。

2.についてですが574はスマートな900番台と比べてボリューミーでポテッとした可愛いシルエットです。細身より丸っこいスタイルが好きなら500番台はおすすめです。

3と4ですがなんといっても似たようなシルエットの576に比べるお値段半額、またはそれ以下で買えたりします。生産国や質感、履き心地などに特にこだわっていない人は576を一足購入するより、574の色違いや素材の違う仕様違いを2、3足買った方が幸せになれるかもしれません。

おそらくこの記事を読んでいる人は読者さんは、ニューバランスのスニーカーの初心者だと思いますので574は特におすすめできます。まずは、この574からニューバランスのスニーカーにはまってみてはいかがでしょうか(^^


記事下PCレスポンシブ


スポンサード

リンク広告ユニット

関連コンテンツ

アマゾン PC

-ニューバランス574
-

Copyright© ニューバランス フリーク , 2019 All Rights Reserved.