バッグ ファッションやその他

グレゴリー オールデイをレビュー!人気のグレゴリーのリュックはおすすめできる?

更新日:

グレゴリーといえば言わずとしれたリュックなどバッグで超有名なアウトドアブランドです。そんな中でも大人気のグレゴリーのデイパック、グレゴリー オールデイ オールブラック hd ナイロンのモデルをレビューしてみます。

グレゴリーの大人気リュックオールデイとは?

グレゴリーのオールデイは、こちらも同ブランドの永遠定番のマウンテン・ラックサック、デイ&ハーフの小型デザインです。スタイルは、ティアドロップスタイルでトレイルにもタウンユースにも嬉しい機能が満載されています。デザインもかっこよく、人気があるためで、山に持っていくのも良し、街中でファッションとして使うのも良しと、とても万能なリュックです。実際に私は街中使用の通勤とお出かけ用のリュックとして使用しています。

グレゴリー オールデイ 容量とサイズはどれくらい?

グレゴリー オールデイの容量はとても大容量で、なんと22Lもあります。22Lというとどれくらいなのかというと、通常キャリーバッグでは、2~3泊用がだいたい25L~30Lぐらいです。ですので22Lなら一泊程度の荷物なら余裕で、頑張れば2泊分といったところでしょうか。1泊~2泊のお泊りようでも使えて、実際のトレイルやタウンユースでも文句なしの大容量です。サイズは25.5W×48H×17.5Dcmで、実際に背負ってみると男性の背中には丁度よく、女性にはやや大きめでゆったりしたサイズと感じるくらいではないでしょうか。

グレゴリー オールデイをレビュー!使い方とその魅力は?

これは私のグレゴリー オールデイですが実際に使用してみて感じた魅力と使い方、機能をレビューしてみます。さすがに、有名アウトドアブランド グレゴリーのリュックは高性能で魅力に溢れていますよ。それではいってみましょう。

フロントのジッパー開閉式オーガナイザーポケットを装備!

まずは、フロントからです。フロントにはジッパー開閉式のポケットが搭載されています。簡単に開閉できて中の荷物と区別して収納できます。出番は少ないけど持っておきたいものなどを入れっぱなしにしておくのもいいですね。メインの荷室よりアクセスしやすく簡単に取り出しやすいのも魅力です。

サイドコンプレッションストラップで容量を調整できる!

サイドコンプレッションストラップというと難しい呼び方ですが、上下左右で計4本のベルトで、リュックの厚み・容量を調整することができます。街中使用でリュックをパンパンに大きくしたくない場合は、ベルトを絞っておけば、必要以上に厚みがでないですみますし、登山やトレイルなどで使う場合は、荷物の容量に合わせてベルトを調整すれば、リュックの荷室のなかで荷物が暴れるのを防いでくれます。

リュック下部のループでトレッキングポールなど登山用具も装着できる

リュックの下部には2つのループがついているので、ある程度本格的な登山の場合でもトレッキングポールやアイスアックスなどの道具をリュックに装着しておくことができます。ある程度本格的な山登りには必須とも言える機能ではないでしょうか。

チェストハーネスとウエストベルトを最初から搭載!


ショルダーストラップの中央に見えるのがチェストハーネスで、胸の前で装着すればしっかりとリュックを体に固定してくれます。歩く度にリュックがずれるというような不快感もありません。街中では使うも使わないも自由ですが、山登りにはチェストハーネスとウエストベルトは必須でしょう。登山では坂道を歩くため、激しく上下する度に背中でリュックが動いたら嫌ですよね。

チェストハーネスは簡単に取り外しができるので街中使用の時は外して、山登りでは取り付けるといった使い方もできます。

ショルダースストラップも体にフィットするカーブを描く!


ショルダーストラップももちろん高機能で肉厚で軽量、耐久性の高いEVAショルダーストラップです。より、体にフィットするよう最初から緩やかに湾曲しています。肉厚のパッドが肩の負担を低減させ背負い心地を快適にしてくれます。

頑丈な10番YKKジッパーを使用した開口部


丈夫で大きく扱いやすいYKK10番ジッパーを採用しています。大きくてつかみやすいため、グローブをしたままでも開閉が簡単です。もちろん、タウンユースでも扱いやすいです。

底面は荷物の量で調整できる


底面も丈夫な素材で、パッドなど入っていないため、下部のサイドコンプレッションストラップを絞ればとてもリュックの厚さを薄くすることができます。

ガバっと大きく開くメインの荷室


メインの荷室を前回にしてみたところです。ここまで開けばどこになにが入っているか一目瞭然です。リュックの底面で荷物がごちゃごちゃになってどこにあるのかわからなくなることもありません。お出かけする前の忘れ物チェックもしやすいですね。メインの荷室にもポケットは2つついていて、さらに荷物を小分けに整理することができます。

メインの荷室のポケットは大きい


こちらは500mlのペットボトルを入れた様子ですが、奥まで入れるとすっぽりと見えなくなるほど深いです。もちろんノートPCなどを納めることもできます。反対側のメッシュのポケットは、散らかしたくない小物を入れるのに使用すると便利ですね。


グレゴリー オールデイのカラーバリエーションは?

グレゴリーのリュックはカラーバリエーションも豊富です。下記のようなカラーバリエーションがありますので、今回はその中からいくつか紹介してみます。

HDナイロン/ガーデンタペストリー/コットンウッドカモ/ブラック/ウルトラバイオレット/ディープフォレストカモ/デニムブルー/リバティーブルー/ツリーラインカモ/ブルータペストリー/ルミナスタペストリー/DRTカモ

グレゴリー オールデイ ブラック

見たままですが通常のブラックです。何にでも合わせやすく街中でも扱いやすいのがブラックです。私は通勤などいろいろな用途で使いたいので何でも使える無難なブラックを選択してます。

グレゴリー オールデイ HDナイロン

こちらは、バリスティックナイロン版です。簡単にいえば、すごく頑丈で丈夫な生地でできています。ハードに扱うことが多い方にはおすすめです。通常のブラックよりお値段はあがりますが、安心感もあがります。街中使用ではそこまで必要ではないかも知れませんが、単純にバリスティックナイロンのハードな見た目はカッコイイです。

グレゴリー オールデイ ガーデンタペストリー

言うまでもなく、オシャレ女子に人気の花柄です。花柄ですが落ち着いていて街中で大人の女性が使ってこそかっこいいですね。もちろん、ある程度本格的なアウトドアや登山にだって使えます。アウトドアブランドなんですがすごく上品な香りがただよってますね。

グレゴリー オールデイ ブルーグラス/パープル

どちらかというと女子ウケしそうな、いかにもアウトドアブランド的なカラーですね。男性でも女性でも使えるオシャレカラーです。個人的には女子に使ってもらいたいかなーと思いますが。

グレゴリー オールデイ ブロンズ/パープル

こちらも、アウトドア的なカラーですね。上のカラーと同様、女性によさそうです。パープルが入っているのが女性にポイントが高そうです。

グレゴリー オールデイ:まとめ

個人的にはデザイン的にも使用感も十分に満足できています。ただ、人によってはタウンユースがメインの人にはサイドコンプレッションストラップやチェストハーネスやウエストハーネスが要らないという人もいるでしょう。そういった方にはグレゴリーのデイパックなんかがおすすめです。余談ですが、グレゴリーのデイパックには、ビームスプラスから、グレゴリー×ニューバランスの別注カラーなどもでていてそれが超絶にかっこよかったりします。

容量が足りないな~という人にはデイアンドハーフなんかもいいのではないでしょうか。とにかくグレゴリーには色々なモデルがありますが、今回はグレゴリーのオールデイはとてもいい!!といったレビューの感想でした。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)


-スポンサーリンク-
-スポンサーリンク-

リンク広告ユニット

関連コンテンツ

アマゾン PC

-バッグ, ファッションやその他
-

Copyright© ニューバランス フリーク , 2019 All Rights Reserved.